第一工業大学 社会・地域連携センター

ワークショップを開催しました

3次元CAD(Computer Aided Design)入門
ーコンピュータで3次元モデルをつくるー

機械システム工学科/社会・地域連携センター

8月22日(土)にCAD入門ワークショップを実施いたしました。

現在私たちの身のまわりには、様々な物がたくさん溢れております。
また、もう少しこうだったらいいな、こんなものあったらいいなとか感じることもあると思います。
そういった創造的なものづくりとして自分のイメージを実際に形にしていくための道具が ’CAD’ になります。
現在ではCADもだいぶ進化し、個人でも無償で利用できるCADシステムも普及してきました。
自分のイメージを形にしていく、そんなCADの基本的操作を今回体験していただきました。
定員5名に対し9名ものお申し込みをいただき、学生ティーチングアシスタントと共に実施いたしました。
リピーターの方々には、個人で無償利用できるCADシステムも体験していただきました。CADはハードルが高いと思われがちですが、ワード・エクセルetcと同様慣れれば簡単です。
今回参加の皆さんも楽しく体感され、CADに対するハードルも少しは下がったかなと思います。

パソコンを触ったことがあれば、小・中学生からでも参加可能ですのでCADに触れてみませんか?

 

 

 

 

↑ページのトップへ

Contents