第一工業大学 社会・地域連携センター

公開講座4 工学がサポートする現代の医療・福祉

学ぶの活動報告

 

 

公開講座4 「工学がサポートする現代の医療・福祉」実施レポート

   7月8日(土)、本学で平成29年度公開講座として「工学がサポートする現代の医療・福祉」が機械システム工学科 大惠克俊 准教授により開講されました。現代の医療・福祉分野には工学技術が大きな役割を果たしており、日々新しい技術や装置が生み出されています。

   本講座では検査や手術に使う機器、非侵襲医療や再生医療などの新しい治療技術やそれに用いる道具、また福祉分野で使用されているロボットなどに関する「新しい技術」についての解説を行いました。

   講座後半では、本学大惠研究室で実施している福祉機器に関する研究の紹介も行い、「医療・福祉工学の将来」についての展望の紹介を行いました。参加頂いた方々は、先端の医療・福祉工学についての内容にとても興味深く聞き入っておられました。
   酷い雨の中でしたが、ご参加下さり有り難うございました。

 

20170708_600

20170708_1_600

 

 

 

 

Contents