第一工業大学 社会・地域連携センター

「霧島さん家のグラノーラ」お披露目会を東京青山で開催

活かすの活動報告

 

自然環境工学科植物バイオシステムコースの吉本博明教授がプロジェクトリーダーを務め,林野庁の新商品コンテストで大賞を受賞した「霧島さん家のグラノーラ」の公式お披露目会が東京青山の国連大学前広場でさる11月19日おこなわれました。

会場は毎週土日に開催されている「ファーマーズマーケット@UNU(国際連合大学)」の一角。関東近県の農家が栽培したオーガニック野菜や,大手の流通には乗らないこだわりの農産品が所狭しと並び,東京でも意識の高い人々が訪れるマーケットです。

会場では,「霧島さん家のグラノーラ」を先行発売。また,キッチンカーを持ち込み,この日限りのグラノーラ入りスープも販売しました。

場所柄,外国人や芸能人,マスコミ,レストラン関係者と思しき人も散見され,地元とは違って大都会で販売する際のノウハウを勉強する良い機会となりました。


会場の国際連合大学前

会場の雰囲気
明るく接客するスタッフ
マーケットに並ぶ珍しい食品群

終了後の記念写真

 「霧島さん家のグラノーラ」は、11月4日付南日本新聞に掲載されました。
以下の南日本新聞ホームページからも概要が確認できます。
<南日本新聞ニュースサイト>
https://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=79944

Contents