第一工業大学 社会・地域連携センター

国分中央高校農園で収穫した新米を使った学食新メニュー登場!

連携するの活動報告

平成27年6月より,本学と国分中央高校の間で高大連携協定を結び,教育・研究・地域貢献をはじめとしたあらゆる分野での取り組みが進められています。
本年7月,「国分中央高校生徒が考案した学食新メニュー」をご紹介させていただきました。

今回はその第二弾として,国分中央高校園芸科で収穫したばかりの新米を使った食物レシピを、国分中央高校生活文化科16名の皆さんに考案いただき,学生食堂の日替わりランチとして提供されます。11月11日には国分中央高校生徒の皆さんをご招待し,ランチの試食会をおこないました。前回同様,調理師や栄養士との打合せながら栄養計算や調理など,実際に販売するまでの手順を体感いただきました。主体的に学ぶ「アクティブラーニング」の実践を体験いただけたと思います。大学教員はもちろん,調理師や栄養士などの大学運営に関わる全員が一丸となって高大連携に取り組んでいます。

毎週月曜日と金曜日の日替わりメニューとして,国分中央高校の生徒の皆さん考案のメニューが登場します。一般の方もご利用いただけますので,お近くに来られた際には是非足をお運びください。

※ 本企画は年末まで実施を予定していますが,諸般の事情によりご提供ができない日もございますので,予めご了承ください。

 

 

当日提案のオム麻婆定食(400円!)


国分中央高校で収穫した新米!!


彩りを添えるサラダバー


料理長によるメニュー解説


試食会の様子


生徒の皆さんで集合写真

 

Contents