第一工業大学 社会・地域連携センター

公開講座 2「巨大地震に備えるー『安全・安心』住宅を自ら手に入れるにはー」

学ぶの活動報告

9月23日(金)に鹿児島市のホテル セントコスモで、主催:第一工業大学、共催:総合資格学院の公開講座「巨大地震に備えるー『安全・安心』住宅を自ら手に入れるにはー」を開催いたしました。昨年度霧島市で行った公開講座に引き続き、今回は鹿児島市での開催となり、建築関係や一般の方約60名の参加がありました。

まず、本学の吉武学長と古田社会連携センター長が挨拶と大学紹介を、次に共催の総合資格学院・小川九州本部本部長と周郷鹿児島校学校長から挨拶と学院の概要説明がありました。

kyodaijisin1
来場者の皆さま
kyodaijisin2
吉武毅人学長
kyodaijisin3
小川本部長(総合資格学院)
kyodaijisin4
周郷学校長(総合資格学院)

初めに東京大学地震研究所災害科学系研究部門准教授 楠 浩一先生が、ネパール・台湾地震の中高層住宅被害の例にも触れながら、本題となる熊本地震における地盤の被害、非構造材の対策について詳しく話されました。
次に、本学古田教授が熊本地震での2000年基準を満たした住宅の倒壊例を紹介し、確実な制震対策の必要性を訴えました。高性能でしかも安価なDIT制震筋かい金物の設置例や、神戸大学で行った振動台実験の様子や動画、実験結果を示しての詳細な説明を行いました。
続いて、ボンドエンジニアリング株式会社福岡支店 技術顧問 賀來正義さんから、耐力を向上させる接着系補強工法の紹介がありました。

kyodaijisin5
楠 浩一准教授
kyodaijisin6
古田智基教授
kyodaijisin7
賀來正義さん
kyodaijisin8
最後の挨拶 山尾和廣工学部長

3人とも、時間内に納めることが難しいほど話したい内容が豊富で、予定の時間を少々過ぎてしまいましたが、最後の質疑応答では専門的な質問も出て、中身の濃い公開講座となりました。

kyodaijisin9

 

■  公開講座参加者アンケート集計結果(参加者約60人中、41人回収)

・年齢層:10代0人、20代9人、30代6人、40代14人、50代5人、60代6人、70代以上1人
・性別:男性37人、女性4人、
・居住地域:鹿児島市24人、鹿児島市以外の薩摩地方7人、霧島市2人、霧島市以外の大隅地方2人、その他の鹿児島県内2人、県外4人
・職業:会社員(建築・建設関係)30人、会社員(その他の職種)2人、自営業5人、学生2人、無職2人、公務員・主婦・パート・アルバイト0人
・情報源:ポスター・チラシ10人、知人の紹介13人、新聞2人、インターネット4人、その他5人、総合資格学院7人
・印象に残った内容:国内外における地震被害と耐震のポイント10人、「安全・安心」住宅を自ら手に入れるには22人、耐震補強技術最前線8人、その他1人
・木造住宅の地震対策をしたい:思う39人、思わない1人、わからない1人
・DIT制震金物を設置したい:思う35人、思わない1人、わからない5

 

10月1日(土)に開催予定の、古田教授による公開講座「巨大地震に対する安全・安心住宅とは」(かごしま県民交流センター)では、更に詳しく取り扱いますので、今回興味を持った方、もっと知りたい方はぜひ足をお運びください。

Contents