第一工業大学 社会・地域連携センター

古田智基教授の「制震装置」が共同通信で紹介されました

活かすの活動報告

建築デザイン学科の古田智基教授の研究グループが横浜国立大学や県外企業と共同開発した「制震金物」が、共同通信、日本経済新聞ほか、地方紙各紙で紹介されました。

 「制震金物」については、以前にも南日本新聞等で紹介されましたが、再度の紹介となり、同製品への関心の高さが伺えます。

※お問い合わせ先 renkei@daiichi-koudai.ac.jp

Contents