第一工業大学 社会・地域連携センター

きりしまチャレンジャー「科学体験in第一工業大学」2018 開催

8月8日(水)、第一工業大学鹿児島キャンパスにて、毎年夏に恒例の「きりしまチャレンジャー 科学体験in第一工業大学」を開催しました。「きりしまチャレンジャー」とは、霧島市教育委員会が、地域にある高等教育機関である本学と連携し、大学の特色を活かしたものづくり体験や科学実験をすることで、子どもたちに楽しさや憧れを感じさせ、科学に対する興味・関心を育むことを目的に開催されているものです。

 今年の「きりチャレ」には、約300名の子供たちにご参加いただき、たいへん賑やかとなりました。新校舎「ソラトピア」内の「アゼリアホール」にて開校式が行われ、諸先生方よりあいさつがあり、その後、14のコースに分かれて講座が開催されました。各講座の詳細な様子につきましては、社会連携センターHPにて紹介を予定しております。

 講座終了後は、出来上がった作品を満足げに持ち帰る児童もいて、子供たちへの科学やものづくりへの関心を高める大変有意義な取り組みとなったのではと思います。

 普段は大学生らが行きかうキャンパスに、夏休み中の小中学生の元気な笑い声が響きました。スタッフとして参加した教員や学生にとっても、大変貴重な体験となりました。ご参加いただきました小中学生の皆さん、どうもありがとうございました。

 

大学HP記事もご覧ください(動画付き)

http://www.daiichi-koudai.ac.jp/topics-daigaku/index.html?pid=15011&id=53312

 

Contents