第一工業大学 社会連携センター

社会連携センターとは

社会連携センターについて

 

社会連携センターは、地域産官学の連携窓口としての役割を果たすとともに、地方創生を柱とした「地域社会貢献」の推進のため、教育・研究成果を自治体と連携して、広く地域社会に還元します。

第一工業大学は、霧島市を始めとして、JAあいら、国分中央高校、隼人工業高校と包括連携協定を締結し、地域の各種教育活動支援、地域活性化事業、農業の六次産業化、安全・安心なまちづくりなど、さまざまな分野における事業展開を行っており、企業交流会、技術発表会などを通して地域の技術力向上に寄与しています。

本学では、社会連携センターが中心となり、下記の具体的展開策に取り組んでいます。
1.地方における雇用機会の拡大(学生にとって魅力ある就職先の創出)
2.雇用創出に関するシンクタンクとしての役割の強化
3.社会人の学び直し環境整備・充実
4.組織的・体系的なネットワークの拡大
5.大学が所在しない地域との連携・協力
6.地域を支える人材の育成に向けた教育環境の整備(地域が求める人材を養成)

 

 


社会連携ポリシー~3つの「核」


社会連携センターは、地域産官学の連携窓口としての役割を果たすとともに、地方創生を柱とした「地域社会貢献」の推進のため、教育・研究成果を自治体と連携して、広く地域社会に還元します。

概念図

 

地域未来を市民と共に築く
地域に根差す大学として、市民のニーズに対して、自治体とともに真摯に取り組み、地域社会の発展に貢献します。地域社会と同一目線で地域の様々な活動に参加し、大学の教育・研究資源を融合・還元させ、豊かな地域未来を築く共同的な社会連携活動を展開します。

 

地域との交流・つながりを基本にした実践的教育研究
地域社会の未来を築く教育研究を実践するうえで、産官学の連携は不可欠です。本学は、ものづくり大学として豊かな地域社会を創造すべく、自治体とともに地域社会や地域産業と連携し、PBL型実践教育研究を積極的に展開します。

 

地域社会との産官学連携および技術移転
新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、大きな変革をもたらすことを目標に教育研究活動を展開します。さらに、地域社会のニーズと保有ニーズとの有効的なマッチングを図り、地域産業・経済の発展、イノベーションに貢献します。

 

 

 

 

 

 

Contents

PAGE
TOP
Copyright (c) 2016 第一工業大学 社会連携センター. All Rights Reserved.