第一工業大学 社会・地域連携センター

鹿児島実業高校で出前授業

学ぶの活動報告

9月17日、本学自然環境工学科の本田講師が鹿児島実業高校で出張講義をおこないました。県内外の大学から教員が招聘され、文系・理系織り交ぜた多様な講義が実施された中、「手のひらサイズの橋を架けよう」というテーマの本講義には、土木構造物や建築物に興味のある14名の生徒さんが参加してくださいました。

「A4サイズのケント紙を1枚だけ使って、なるべく強い橋をつくってみよう」、という課題のもと、講師の想定を遙かに超える色々なアイデアの橋が架けられました。続いて「少ない材料で強い橋をつくるには?」等のテーマにも挑み、材料の形と強度の関係という工学的なアプローチの一端を体感してもらいました。

参加者のみなさんが見せてくれた自由でのびのびとした想像力が、将来大きく花開くのがとても楽しみです。
0917demae_01
基本形
0917demae_02
支え(橋脚)を置く方向を工夫!
0917demae_03
お手本のようなアーチ橋
0917demae_04
まさかの2階建てが出現!
0917demae_05
飛び入り参加してくださった先生の作品。綺麗な橋になりそうです

Contents